L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

花より男子二次小説。漫画の展開からのタラレバ話を世代を超えてつくってみました。自己満足レベルなので、あしからず。

梓と稜は、水族館に来ていた。

 

 

 

「水族館なんて、久しぶりだな〜。梓は??」

 

 

突然、呼び捨てにされて戸惑う梓。

 

 

 

 

「え?梓は??水族館、結構来てた??」

 

 

 

 

「あっ、あの。。。名前、、、」

 

 

 

 

「名前?えっ?あ、そうか。ゴメン。ちゃん付けした方が良かった??」

 

 

 

 

「ううん、、、でも、家族以外の男の人に呼び捨てにされたことないから、びっくりしちゃって。。。」

 

 

 

 

「アハハハ。案外、ウブなんだね笑」

 

 

顔を真っ赤にしたままの梓に、稜が優しく声をかけた。

 

 

 

「じゃあさ、オレのことも、稜って呼び捨てに呼んでいいから。」

 

 

 

 

「、、、うん、わかった。」

 

 

2人は、水族館の奥に向かって歩き始めた。

 

 

 

 

 

 

イルカショーを観ていた時だった。

 

 

 

バシャッーーー !!!

 

 

 

勢いよく飛沫が、2人にかかって来た。

 

 

 

 

「あぁーー、ヤラレた!」

 

 

 

頭からずぶ濡れで、笑い合う2人。

 

 

 

気付くと、水に濡れて梓のワンピースの中が透けてしまっていた。

 

 

 

とっさに、稜は、自分が来ていたジャケットを彼女に羽織らせた。

 

 

 

「あっ、大丈夫ですよ。すぐ乾くと思いますし。」

 

 

 

事情がわかってない梓は、ジャケットを脱ごうとした。

 

 

 

 

「だっダメ!!風邪引かせたら大変だから、着たままでいて!!」

 

 

 

それを必死に止める稜。

 

 

 

 

 

トイレに立った梓は、鏡を見て、自分のワンピースが濡れて、下着が透けてしまっていたのに気付いた。

 

ジャケットを着てなければ、丸見えだった。

 

 

稜のちょっとした気遣いに、心が惹かれた梓だった。

 

 

 

 

広告を非表示にする

「母さん、母さんが父さんとデートした場所って、どんなとこだった?」

 

唐突な質問に驚くつくし。

 

 

「なっ、何?急に。」

 

 

 

「いやさ、母さんと父さん達って、昔どんなとこでデートしたのかなって思っただけ。」

 

 

 

 

「何よ、急にそんな事聞いてくるかと思ったら。えっ?まさか、とうとう彼女出来たのっ??」

 

 

 

 

「彼女かどうかは、わかんないけど、付き合ってる子はいるよ。」

 

 

 

 

「何よ〜、アンタは。もう、付き合ってるなら、彼女じゃないのよ。」

 

 

 

 

「う〜ん、付き合ってるけど、まだ気持ちは分かんないんだよね。」

 

 

 

 

「中途半端な気持ちで、お付き合いして相手の事、傷付けちゃダメよ。」

 

 

 

 

 

「なんかさ、好きかどうかわかんないのに、付き合う、って感覚、母さんわかる??」

 

 

 

 

昔、期間限定で司と付き合っていたことがあったっけ。

あの頃は、まだ自分の気持ちがハッキリわからなくて。。。

 

 

 

 

 

 

「母さん???」

 

 

 

 

 

「あっ、ゴメン。ぼっーとしてた。

とにかく、相手の気持ちも大切だけど、その気持ちに、自分が正直な答えを出すことが、相手にとっても誠実なんだからね。」

 

 

 

 

「わかってるよ。」

 

 

「キチンとお付き合いすることになったら、うちにも連れて来なさいね。」

 

 

 

 

「わかったよ〜」

 

 

 

 

なんだよ、結局母さん達の話聞けなかったじゃんか、とブツブツ言いながら、稜は自分の部屋に戻っていった。

 

 

広告を非表示にする

「梓、あんた、結婚の話断ったってホント??」

 

 

 

久しぶりに、西門麗香と美作七海&葵海と集まっていた。

 

 

 

「えっー!?だって、相手って神崎HDの神崎玲人だったでしょー!!」

 

 

「ちょっと、神崎玲人っていったら、イケメンじゃないっ!?勿体なーい!!」

 

 

 

美作姉妹が、騒ぎ始めた。

 

 

 

 

「確か、お祖母様が話進めてたって聞いたけど?何か、気に入らなかったとか??」

 

 

 

冷静な態度で、梓に麗香が問いただした。

 

 

 

 

「うん、、、気に入らないっていうか、そういうのじゃなくって。。凄く優しそうな人なんだけど、やっぱり、その、、、結婚するっていうよりも、恋愛がしたいんだよね。。。」

 

 

 

「何それっ〜。だったら、神崎玲人と恋愛すればいいんじゃん!」

 

 

 

「神崎玲人だと、恋愛できないってこと??」

 

 

 

 

「う〜ん、何かね、詳しくは知らないんだけどあの人も過去に何かあったみたいで、恋愛とか信じてないみたい。。

とりあえず、自分が夢中になれる人、そういう恋愛をしてみたいの。」

 

 

 

「司パパは?何か言ってた?」

 

 

 

 

「うん、、お前の人生だから、お前が選べって。」

 

 

 

「、、、そう。」

 

 

麗香は、言葉少なげに答えた。

 

 

 

 

「で?誰かいるの??」

 

 

美作妹が、鋭くつっこんだ。

 

「えっ??」

 

 

 

「えっ、じゃないわよ。

誰かそういう人がいないと、啖呵きって結婚話なんて断れないでしょ??

誰か、そういうふうな人がいるんでしょ??」

 

 

 

経験豊富な美作姉が、続けた。

 

 

 

「うん、まあ。。。この間から、付き合ってる人はいるかな??」

 

 

 

 

「ちょっとー!!!それを早く言いなさいよー!

誰?誰なの??私達の知ってる人??

今日は、たっぷり聞かせて貰うわよ。」

 

 

興奮気味の3人に、囲まれる梓だった。

広告を非表示にする

梓は、稜の事を思い出していた。

 

好きかどうかはわからないけど、

運命的なものを感じていた。

 

そして、久しぶりに連絡をしてみた。

 

 

《こんにちは、梓です。覚えてますか??

あの、もしよければ、久しぶりにお茶でもしませんか?》

 

 

しばらくして、稜から返事がきた。

 

 

《こんにちは。元気ですか?オレは、仕事の帰りでよければ》

 

 

2人は、稜の仕事帰りに会う約束をした。

 

 

 

 

 

 

 

待ち合わせ場所で、梓はひときわ目立っていた。

 

 

 

「あっ、おっお待たせ。ゴメンっ、待った??」

 

駆けつけた稜は、少し緊張していた。

 

 

 

 

「ううん。久しぶり。」

 

 

梓は、笑顔で微笑んだ。

 

 

 

 

 

2人は、近くのカフェに入った。

 

 

 

 

 

 

「あの、そのっ、元気だった?」

 

 

 

梓は、話出した。

 

 

 

 

「ああ、うん。今さ、花沢物産で働いてるんだ。」

 

 

 

 

「そうだったんだ!知らなかった。」

 

 

 

 

「うん、、、君は??」

 

 

 

 

「私?高2になった。」

 

 

 

 

 

「て、ゆうかさ、何でタメ口?オレ、年上なんだけど笑」

 

 

 

 

「え〜、いいじゃん笑」

 

 

 

 

「ま、いいけど笑」

 

 

お互いの緊張がほぐれ、笑い合っていた。

 

 

 

 

 

 

「私ね、家の人から婚約しろって言われたの。」

 

 

 

「えっ!?だって、まだ高2なんじゃないの??」

 

 

 

「うん、でも、こういう事って、年齢は関係なく進められるの。」

 

 

 

「へぇ〜、大変だな。君んちって、会社やってるんだよね。」

 

 

「うん。道明寺グループって言えばわかるかな?」

 

 

 

 

「えっ!?あ、そうか、確か前に聞いた覚えあったわ、スゴイね。花沢グループもスゴイけど、さらに上をいく財閥だもんな。」

 

 

 

「私の父も、政略結婚で会社を大きくしたみたいなの。」

 

 

 

 

「そういうもんなんだな、、、オレ達庶民にはわかんないな。」

 

 

「そういや、この間も、取引先の御曹司が、同じような事言ってたっけ。君たち世界って、どこも大変なんだね。」 

 

 

 

 

「うん、、、でもね、私は、私らしく生きたいなって思ったの。つい最近、父にも、私はそうあるべきだ、って教えられたの。」

 

 

 

 

「君のお父さんは、政略結婚には反対なんだ?」

 

 

 

 

「うん、、詳しいことは知らないんだけど、

昔、色々あったみたいで。。。

私には、家とか考えなくていいって。」

 

 

 

 

「いいお父さんだね。」

 

 

 

 

「うん、、、あんまり父との思い出はないけど。。」

 

 

「でもさ、何でまた急に連絡くれたの?」

 

不意打ちの質問に戸惑う梓。

 

 

「あ、うん。何かね、その。。。。」   

 

 

「その、何??」

 

 

「うん。。。えっと、言いづらいんだけど、

私、あなたの事をもっと知りたいなって思って。。。何かね、こういう事言うと、変に思われちゃうかもしれないんだけど、、、あなたとは何処かで会ってた、生まれる前から知ってるような感覚になるの。。。」

 

 

「えっ!?何それ笑どーゆうこと??」

 

 

「上手く言えないんだけど、懐かしい感覚になるっていうか。。。とにかく、あなたの事をもっと知りたいの。そして、何でこんな感覚になるのかを、確かめたいの!」

 

 

「それって、、、オレと付き合いたいって事??」

 

 

「えっ、つ、付き合う、、、??」

 

 

「そうことなんじゃないの??」

 

 

「そ、そうか。うん、付き合ってください!」

 

 

「笑。え?ちょっと待って、好きとか??」

 

 

「うーんと、正直、まだそういう気持ちはわからない、でも、付き合ってみて、そういうことも確かめたいの。」

 

 

「なんだよ笑 変なの。」

 

 

「だ、ダメ??」

 

「ダメじゃないけど、わかんないな。

中途半端な気持ちじゃ付き合えないし。

、、、でも、確かに君が言ってたけど、オレも君と会うと何か不思議な感覚になるんだよね。。。どうしてなんだろ??」

 

 

「じゃあ、2人で確かめていきましょうよ!」

 

 

勢いのよい梓に、少し圧倒されながらも、稜は梓との交際を承諾した。

 

 

広告を非表示にする

陸の部署に、玲人がやってきた。

 

「神崎さん??どうしたんですか?

次回のミーティングは、来週でしたよね??」

 

「ああ。君か。ちょっと、確認したいことがあったんだ、直接聞きたいと思ってね。」

 

 

「そうでしたか。僕でよろしければ、お答えしますよ。」

 

そう言って、2人はミーティングルームに入っていった。

 

 

 

 

 

「神崎さん、もしまた何かあればメールでもお答えします。」

 

 

 

 

「いや、親父から引き継いだ最初の仕事だし、

周りにナメられたくないからね笑

、、、今は、仕事に打ち込みたいんだよ。」

 

 

意味深な言葉に、稜は不思議に思った。

 

 

 

「そういえば、ご婚約されてるんでしたよね。

ご結婚もそろそろですか?」

 

 

 

 

「、、、、」

 

 

 

 

「あっ、イヤっ、すみません。調子に乗って余計な事を聞いてしまいました。」

 

 

「いや、いいんだ。。。先日、婚約者から

結婚の話を保留にしたいと言われたんだ。」

 

 

 

 

「あ、、、はぁ。そうだったんですか、、、」

 

 

 

 

「ようやく彼女も心を開いてくれてきたと思ってたんだけどね。。。やっぱり、政略結婚なんて、今時ないよね。」

 

 

 

玲人は、悲しそうな顔をして笑った。

 

 

 

 

 

「正直、僕のような立場の人間には、家のためにとか、、、そういうのってわからないです。」

 

 

 

 

 

「羨ましいよ、君たちが。

オレは、自分が神崎の家に生まれてきた事を、恨んだこともあるんだよ。。

昔、好きな女を、幸せにする事が出来なかったんだ。。。 

その時は、家という大きな存在に、人生を乗っ取られてるみたいに感じてた。。。

でも、やっぱり生まれ育った環境を、変えることは難しかったんだよ。。。」

 

 

「、、、僕には、その気持ちがわからないですけど。。。

本当に好きな人のためなら、何もかも投げ捨てるかもしれないです。」

 

 

 

 

「。。。若いね笑」

 

「感情だけで、生きていけたらどんだけいいか。でもさ、大人になるって、周りの事、自分以外の事を優先しなきゃいけない事もあるんだよ。」

 

 

 

玲人は、稜に、余計な話をして悪かったね、と

部屋から出ていった。

 

 

 

稜は、寂しそうな玲人の顔が忘れず、後ろ姿ずっとを見つめていた。

 

広告を非表示にする

「司っ!あなたは、一体何を考えているのっ!!」

 

楓が、物凄い剣幕で社長室に入ってきた。

 

 

「何がですか?」

 

冷たい表情で、楓を無視した。

 

 

「梓が、一旦結婚の話を保留にしたいと言い出したわっ!!何か余計な事を吹き込んで、惑わせたんでしょう!!

あなたは、梓の父親なのよ?

何故、あの子の幸せを考えてあげないのよ。」

 

 

「お母さん、オレは、梓を、昔のオレのようにさせたくないんだよっ!!

自分で、選んだ道かもしれない。。。

でも、あの時、自分の気持ちに正直にいれたら、、って、今でも何度も夢に見るんだよ!

いつまでも、過去に取り憑かれてるようで、苦しいんだよ!!

こんな気持ちを、梓にもさせてたまるかよっ!!」

 

 

「司、あなたの言いたいことはわかります。

でも、あなたもこれまで生きてきた生活を変える事は、きっと出来なかったはず。

梓も同じなんです。

特別な環境で育ってしまった以上、知らない世界で生きていくというのは、とても辛いことだわ。」

 

 

「オレの気持ちなんて、いつでもお構いなしだったもんな。。。

オレ達は、あんたらの駒じゃないんだ! 

 

ただ、アイツとの、唯一愛したやつと、

未来を見たかったんだよ。 

それだけだったんだよ。。

 

わかってくれよ。。。」

 

司は、涙をこぼしながら楓に訴えていた。

広告を非表示にする

梓は、久しぶりに司と食事をしていた。

 

「梓、おまえ、本当にいいんだな?」

 

梓は、しばらく黙って答えた。

 

「はい。玲人さんは、優しいですし、

何度か会ううちに打ち解けてきました。」

 

 

 

「、、、そうか。お前が納得してるんだったら、オレは何も言わない。」

 

 

「お父様も、お母様とお見合いだったんでしょ?」

 

「梓、オレは道明寺の跡継ぎとして、結婚したんだ、、、1人の男としてではなく、道明寺の人間としてだ。」

 

「もちろん、お前の母親の事は嫌いではなかった、、、、

オマエは、家のことを考えずに、1人の人間として、自分の生きたい道を行ってもいいんだぞ。自分で、選べるんだ。」

 

 

「どうして、そんな事言うの??」 

 

 

「後悔して欲しくないからだ。自分の人生だ。

誰のものでもない、誰かに指図されて決めるものじゃない。」

 

 

梓に、ある気持ちがフッと蘇った。

 

しばらく忘れていた気持ちだった。

 

 

 

 

広告を非表示にする