L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

花より男子二次小説。漫画の展開からのタラレバ話を世代を超えてつくってみました。自己満足レベルなので、あしからず。

つくしは一人悩んでいた。 どうして、こんな事になってしまったのか。。。 稜には、別れるように言ったが、納得するハズが無い、、、 自分でも、どうしていいのか、わからなかった。 そして、考えた末に、花沢類に連絡をしていた。 「花沢類?あの、、牧野で…

「稜、ちょっといい??」 「ん、何??」 「あなたに、話しがあるの。」 深妙な顔つきのつくしを不思議に思いながら、稜は座った。 「母さん、今日来た道明寺さんとのお付き合いは賛成できないの、、、」 「えっ??何で?だって、あんなに会うの楽しみにし…

ピンポーン 佐伯家のインターホンが鳴った。 「はーい」 つくしが返事をしてドアを開けると、稜と女の子が立っていた。 「稜、おかえり。あら、こちらが例のお嬢さん??」 「うん。あっ、これがオレの母さん。」 「はじめまして。 今日は、お招きありがとう…

梓の誕生日パーティ当日。 場違いな雰囲気に、稜は戸惑っていた。 「こっち、こっち!」 梓が、遠くから手を振る。 梓の周りには、西門麗香、美作姉妹も揃っていた。 ドレスアップしている姿に、稜は少し怖気づいていた。 「今日は、招待してくれてありがと…

第7章①

「ねっ。今度、私の誕生日会があるんだけど、来てくれる??」 「えっ、誕生日?いつ?」 「12月28日」 「12月28日??」 「そうだけど、、、??都合悪かった?」 「いや、、、実はうちの母親も同じ誕生日なんだ。」 「えっ!?そうなの〜??スゴい、偶然…

司は、黙って玲人の話を聞いていた。 「それで?彼女とは?」 「それっきり、、、音信不通です。」 「それでいいの?」 「、、、、」 「彼女の事、本当に愛してたのか?? このまま、中途半端に気持ちを引きずったまま、先になんて進めないんだぞ。 君も、彼…

司は、ホテルのバーに玲人を呼び出していた。 「神崎君、今回の件、本当に申し訳ない。」 頭を下げた司に、玲人もビックリしていた。 「いやっ、その、やめて下さい。道明寺さん。 」 「今回の事は、梓のワガママでしかないんだ。 だから、君には本当に申し…

梓と稜は、水族館に来ていた。 「水族館なんて、久しぶりだな〜。梓は??」 突然、呼び捨てにされて戸惑う梓。 「え?梓は??水族館、結構来てた??」 「あっ、あの。。。名前、、、」 「名前?えっ?あ、そうか。ゴメン。ちゃん付けした方が良かった??…

「母さん、母さんが父さんとデートした場所って、どんなとこだった?」 唐突な質問に驚くつくし。 「なっ、何?急に。」 「いやさ、母さんと父さん達って、昔どんなとこでデートしたのかなって思っただけ。」 「何よ、急にそんな事聞いてくるかと思ったら。…

「梓、あんた、結婚の話断ったってホント??」 久しぶりに、西門麗香と美作七海&葵海と集まっていた。 「えっー!?だって、相手って神崎HDの神崎玲人だったでしょー!!」 「ちょっと、神崎玲人っていったら、イケメンじゃないっ!?勿体なーい!!」 美作…

梓は、稜の事を思い出していた。 好きかどうかはわからないけど、 運命的なものを感じていた。 そして、久しぶりに連絡をしてみた。 《こんにちは、梓です。覚えてますか?? あの、もしよければ、久しぶりにお茶でもしませんか?》 しばらくして、稜から返…

陸の部署に、玲人がやってきた。 「神崎さん??どうしたんですか? 次回のミーティングは、来週でしたよね??」 「ああ。君か。ちょっと、確認したいことがあったんだ、直接聞きたいと思ってね。」 「そうでしたか。僕でよろしければ、お答えしますよ。」 …

「司っ!あなたは、一体何を考えているのっ!!」 楓が、物凄い剣幕で社長室に入ってきた。 「何がですか?」 冷たい表情で、楓を無視した。 「梓が、一旦結婚の話を保留にしたいと言い出したわっ!!何か余計な事を吹き込んで、惑わせたんでしょう!! あな…

梓は、久しぶりに司と食事をしていた。 「梓、おまえ、本当にいいんだな?」 梓は、しばらく黙って答えた。 「はい。玲人さんは、優しいですし、 何度か会ううちに打ち解けてきました。」 「、、、そうか。お前が納得してるんだったら、オレは何も言わない。…

第6章①

稜は、新プロジェクトの会議に出席していた。 「今回、神崎HD側の責任者になります、神崎玲人です。よろしく。」 「マジか、、、責任者だってよ。大丈夫かよ、、経験ないのに。」 稜の先輩達が、またコソコソと話をしていた。 それを察してか 「皆さん、ご存…

車の中で、司は類の話を思い返していた。 そうか、あいつも結婚してたか。 何年か前に、偶然、道明寺グループ本社でぶつかった時、あの頃には、もう1人で子供を育てていたのか?? 、、、そうか、元気なら良かった。 十数年前、NYに経つ決意をして、別れを決…

道明寺を、いつものバーに呼び出していた類。 「何だよ、類。急に呼び出して。」 「あぁ、悪かったね。 でも、司には伝えておかないと、と思って。」 「は?なんだよ。笑」 「オレさ、今日、牧野に会ったよ。」 「、、、はっ?それが、何だよ」 「司はさ、牧…

花沢類が帰った後、ぽつんと1人考え事をしているつくし。 「花沢類が、私の事を好きだった?。。。」 いつからだったんだろう。。。 あの頃は、もうアイツの事で頭がいっぱいになっていた。 自分の想いに、嘘がつけなかった。 でも、その想いを貫くことが許…

「神崎HDのご子息が、今回の件からチームに入りますので、皆さんよろしくお願いします。」 新プロジェクトに参加することになった稑達は、部長から告げられた。 「えっ、神崎の息子?確か、大学出たばっかりだろ?」 「まあ、コネ入社で、手始めにうちと、っ…

リビングに案内された類。 「今、お茶を用意するね。」 「お構いなく」 「あのっ、その。今日は、どんな用件ですか、、、?」 「うん。」 出されたお茶を一口飲み、類が話し始めた。 「稑クンの事なんだけど、、、 牧野は、もう知ってるよね?」 「、、、は…

「梓ちゃん、君は恋愛をしたことがある?」 「えっ??」 「僕は、恋愛は、信じてないんだ。お互いに駆け引きしたり、責めたり、嘘ついたり、辛いことばかりでしょ?時間ばかり、費やして。」 「だから、君との事は、運命だと思ってる。君のその目を見たとき…

黒塗りの高級車が、佐伯設計事務所の前に止まった。 家の、チャイムを鳴らす。 「ピンポーン」 「はい、はーい。ちょっと待っててくださいっ!」 インターホンの向こう側で、ドタバタしている様子がわかった、相変わらずだと、くすりと笑った。 「ゴメンなさ…

その頃、梓は、神崎と婚約していた。 まだ、高校生の梓だったが、 祖母の楓から、条件を出され、仕方なく応じていた。 楓は、梓の、交遊関係を調べ上げ、類との事、稑の事も把握済みだった。 梓には、 「婚約に応じれば、この先、これ以上束縛をしない事。 …

第5章①

1年後。 稑は、バイト時代の縁もあり、花沢物産に就職していた。 梓とは、あの後、連絡が取れなくなり、疎遠になっていた。 彼女の事情もあるのだろうと、稑は気にしないようにしていた。 梓の事もあったが、 実は、就職にするにあたり、母から初めて反対さ…

稑は、この間の梓が言っていた言葉を、思い出していた。 人並み以上に、恵まれた環境で生まれたのに、 幸せを感じられない人もいるんだ。。。 物やお金だけでは、幸せや自由を叶えられないこともある、、、 逆にその存在が、自分をその環境から縛り付けてい…

数日後、梓は、楓からの食事の誘いを受け、 ホテルにいた。 「お祖母様、ごきげんよう。」 「梓、よく来たわね。」 相変わらずの存在感で、孫の梓さえも圧倒する。 「お祖母様と、お食事なんて、久しぶりなので、楽しみです。」 「そうね。」 梓が笑顔で笑い…

「今日は、例の場所ムリそうだな。。。」 「そうだね、大遅刻したし笑」 「だから、ゴメンって!」 話してながら、並んで歩く、稑と梓。 他愛のない話しをしていた。 「ねぇ、稑君って、兄弟いるの?」 「ううん。オレは、一人っ子」 「えーっ、私も。 じゃ…

「司様、梓様の件で、お耳に入れたいことがございます。」 秘書が、司に耳打ちをした。 妻が病死してから、暫くは家にいる事を第一にしていたが、梓が中学生になると、司の仕事がさらに忙しくなり、2人きりの時間はほとんど無くなっていた。 「ん?なんだ?…

第4章①

17時になっていた。 稑は、何とかうまく誤魔化して、芙夏から解放されていた。 とりあえず、待ち合わせ場所に走った。 しかし、すでに梓の姿はなかった。 あぁ、やっぱり。。。 もう、会う事もできないんだろうか。。 その時、稑の背後から 梓がやって来た。…

「道明寺グループの会長から、直々に、お前に見合いの話が来ているんだ。」 父親から、そう告げられた。 今時見合いなんてバカバカしい。 そういう時代でもないだろ、まったく古いんだよ、オヤジの奴。 神崎玲人、神崎HDの長男、22歳。 大学4年、大学卒業後…

仕方なく、芙夏の買い物に付き合わされていた稑。 「ねぇ、稑クンってどんな感じの服のコが好みなのぉ?」 「えっ?う〜ん、服とか詳しくないから、わかんないよ。」 「えぇ〜!!せっかく稑クンと一緒にいるから、好みの服にしようかと思ったのにぃ〜。」 …

待ち合わせの店の前で待つ梓。 この間、稑が言っていた〝お気に入りの場所″に、今日こそ行く約束をしていた。 チラッと時間を見た。 約束は、15時。。。 時間は、15時30分。。。 どうしたんだろう、、、 やっぱり、会うのイヤになっちゃった?? なんで、連…

連絡先を交換してから、1週間。 待ち合わせの日、稑はゼミのレポートに追われていた。 「佐伯クン、私、ちょっとわかんないとこあるんだけど、あとで、教えてくれない?」 少し甘えた声で、稑に話しかける芙夏。 「え?松風のほうが、できるだろ??」 「え…

スマホを見つめながら、ちょっと落ち着きのない様子の梓。 その様子をいつものメンバーが見ていた。 「ちょっと!見た?何アレ??」 「何かイイ事あったんじゃない?」 「見た事ないよね、あんな梓。ちょっとキモっ!!」 言いたい放題の3人。 麗香が本心…

稜が社長室から出て行ったあと、類は再報告書に目を通した。 ~佐伯つくしに関する報告書~・佐伯つくし(旧姓 牧野つくし)19××年12月28日 東京都出身 43歳家族構成:父、母、弟、夫(渉、交通事故死)息子(稜) 英徳学園高等部を卒業後、○○建築設計事務所…

授業を終えて、帰ろうと大学入り口に向かった。 !! 目の前に、見覚えのある制服姿の女子高生が立っていた。 えっ!?まさかっ。 そう思いながら、走り出した。 「おいっ!!こんなことで何してんだっ!!」 びっくりした様子の梓。 「あっ~!!っやっぱり…

国立K大前で、制服姿の梓が立っていた。似つかわしくない雰囲気に、学生の誰もが振り返る。 「ねえ、あなた、こんなところで何してるの?」 近くで見ていた、女子学生が話かけてきた。 「あっあの。私、人を探しているんです。ここの大学1年生で、名前しか…

「社長、新しいアルバイトのスタッフについての報告書が届いております。」 「うん、ありがと。目を通しておくよ。」 「前任者と同じ国立K大ですし、人事担当からは問題ないと聞いております。」 「わかった。」 秘書からの報告をうける類。通常、花沢物産…

アルバイトに出勤する稜。その姿をみつけた田中が、焦った顔をしてこりらに向かってくる。 「あっ!!佐伯くんっ! やっと来たっ!君、何かしでかしたのっ!?」 冷や汗をかきながら、困った顔で迫ってくる。 「えっ?オレがですか??」 何かしたか??と思…

あの日から、ずっと彼女の名前がひっかかり、頭から離れずにいた。 よく考えてみれば、どこかで会っていた?顔も見覚えがあるように思えてきた。 青山で最初に会った女王様キャラから一転、意外とかわいらしい一面も持ってたんだな、とそのギャップを思い出…

数日後、花沢物産の受付に梓の姿があった。 「あの〜?すみません。こちらで、働いている方で、大学生くらいのアルバイトの方っていますか???」 「?お約束は、されていますか?」 「いえ、、、」 「申し訳ありません。お約束が無い方に 名前などをお伝え…

結局、梓は、無理やり車に乗せられていた。 「だからっ、何でもないんだって!」 何であそこにいたのか? 一緒にいたヤツは誰なのか? 問い詰める司に、苛立つ梓。 「いいでしょ?別に悪い事してたわけじゃないんだし。チョットした、知り合いなだけなんだか…

第3章 ①

道明寺梓?? 聞き覚えのある名前を、思い出せないまま帰宅する稑。 そういえば、アイツ英徳の制服着てたよな、、?? しかも、道明寺グループ?道明寺司?? 気になって、ネットで検索してみた。 Wikipedia 道明寺司、東京都出身、現在43歳。 道明寺グルー…

「ねぇ、どこまで行くの??」 少し不安そうに、梓が答えた。 「着いたよ、この上。」 稑は、ビルの目の前で立ち止まり、 上の方を指さす。 「ここ。 オレがバイトでお世話になってる会社なんだ。 こっそり入れる場所だから。」 「、、、」 「?? 心配しな…

「コンコンッ」 「どうぞ。」 類が、返事をした。 社長室のドアが開き 「よお、類!」 と、片手を上げて司が入ってきた。 「司!どうした?」 「近くで会議があってな、寄ってみた。」 「久しぶりだね。」 「あぁ、お互い忙しくしてるからな。」 あ〜疲れた…

買い物を終えて、店から出てきた稑。 すると、出入口の外で梓が待っていた。 「あれ?まだ帰ってなかった??」 「あの、、、荷物お持ちします。」 「だから、キャラが違いすぎだって笑 ありがと、でも大丈夫だよ。 今日はこれだけなんで。」 笑顔で、片手に…

「佐伯君、申し訳ないんだけどさ、 また、おつかい頼まれてくれない?? 新しいコーヒーマシンが、まだ届いてなくて。」 田中さんが、少し申し訳なさそうに話しかけた。 「全然、いいですよ!! この間は、オレもご迷惑かけちゃいましたし。」 「いやいや、…

ここ数日、あの男に言われたことが、 頭の中から離れなかった。 この家に生まれて、今まで欲しい物が 手に入らないことはなかった。 お財布の中身を気にしながら、生活したことなんてない。 お金を稼ぐ。って? でも、なんでアイツに言われなきゃいけないの…

今日は、罪悪な日だった。 コーヒーぶまけるわ、 人前で、ブチきれるわ。。 田中さんにも、迷惑かけちゃったし、、、。 はぁ、疲れた。。。 リビングのソファーで、うつ伏せに寝込んでいる稑。 ドアが開き、つくしが帰ってきた。 「ただいま〜。あ、もう稑!…

目の前にいる、見知らぬ男に怒鳴られ、ボー然としたままの梓。 今まで、怒鳴られたことなんてない。ましてや、人前でなんて。 この状況が見世物になっている恥ずかしさや、私も被害者じゃない、という怒りとはうらはらに、初めて誰かに真剣に怒られたことに…