L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

花より男子二次小説。漫画の展開からのタラレバ話を世代を超えてつくってみました。自己満足レベルなので、あしからず。

つくし

司とつくしは、2人きりで、鍋をつつきながら最後の幸せなひと時を過ごす。


次の日、司はNYに飛び立ち、つくしは今で通りの生活にと、2人別々の人生を歩み始める。

 

これまでの気持ちをかき消すかのように、
それぞれが新しい環境に、没頭していく。。。

 

2年後、高校を卒業したつくしは、いつか家族全員で住めるような家を建てたい。という秘かな夢を叶えるために、建築設計事務所に就職する。

アシスタントをしながら、建築設計の勉強に励んだ。

その4年後、22歳になったつくしは、優紀と一緒に、中学の同級生、織部君の結婚式に出席する。

そこで織部の大学時代の親友、佐伯渉と知り合う。

暫く恋愛に消極的だったつくしだったが、織部や優紀の後押しもあり、交際をスタート。

穏やかだが、男らしい渉に惹かれ、2年後に結婚。

1年後、つくし25歳。長男稑(りく)が誕生。

しかし、その5年後、夫の渉が突然の事故で他界。夫との死別後、設計事務所から独立し、

稑と2人の暮らしが始まる。

 

 

f:id:ponypo1980:20170408154125j:image

 

 

 

広告を非表示にする