L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

花より男子二次小説。漫画の展開からのタラレバ話を世代を超えてつくってみました。自己満足レベルなので、あしからず。

②再会

「ドンッ!!」

つくしは、エレベーターから出てきた

大柄な男に激突し、反動で
ドスンと、大きな尻もちをついた。

「あいたたっ。。。」

 

強く打ったおしりの辺りをさすりながらも、

 

「ゴメンなさいっ!!!急いでいたものでっ!!」

と、謝りながら顔を上げた。

 

ぶつかった相手もまた、

「。。大丈夫ですか??」

と、差し出した手が止まっていた。

 

一瞬、時が止まっているようだった。

 

 

 

「、、、、エッ!?ど、どど道明寺??

道明寺なの??」

 

 


「あ、あぁぁ、、、、、牧野!?、、、牧野なのか??」

 

 

何年振りだろう。

懐かしい顔、懐かし声。

 

広告を非表示にする