L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

花より男子二次小説。漫画の展開からのタラレバ話を世代を超えてつくってみました。自己満足レベルなので、あしからず。

⑤梓

梓 15歳。英徳学園1年。
祖母の楓と、伯母の椿から英才教育を受けるが、ワガママで天真爛漫な性格。
日米ハーフの母を持ち、容姿端麗。

 

「あぁ〜あ、つまんなぁ〜い。

お父様は忙しいし、椿伯母サマは、

ロスに帰っちゃったし」

 

 

「アッ!!そうだっ!」

 

 

梓は、スマホを取り出し、LINEで誰かに
連絡をし始めた。

 

 

稑は、バイトを終えて出入口に向かっても歩いていた。

 

花沢物産本社ビルの入り口に、黒塗りの高級車が、ピタリと横付けされた。

何やらザワザワしている。


次の瞬間、ドアが勢い開き
中から、スラリと手足が伸びた、
美しいロングヘアで目鼻立ちのハッキリとした

美しい若い女性が、飛び出してきた。

 

 

 

 

そして、バイトを終えて帰ろうとする
稑の横を、颯爽と走り去って行った。

 

 

f:id:ponypo1980:20170408162839j:image

 



 

広告を非表示にする