L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

花より男子二次小説。漫画の展開からのタラレバ話を世代を超えてつくってみました。自己満足レベルなので、あしからず。

⑦願い

日曜日の午後。
つくしの家で、つくしと優紀がお茶をしてる。

 

 

「優紀のお菓子って、ほんっと、おいしいっ!!」

 

 

「へへ。ありがと」

 

 

「また、腕上げたんじゃない??

お店やれるレベルだって!!」

 

 

優紀は、大学の先輩と結婚し、

専業主婦になっていた。
高校時代に、茶道を学んだことをきっかけに、製菓に興味を持ち
栄養学の道にすすんだ。

 

 

今では、2人の子供を持ち、

陰ながら夫を支えている、

 

幸せな家庭を築いていた。

 

「つくし。今日、稜クンは??」

 

「なんかね、この間から、バイト始めたみたいで、日曜日だってのに、朝から出かけたみたいなのよ〜」

 

 

「久々に会えると思ってたのに、残念~。

でも。。。フフっ笑」

 

「えっ!?何?なんで笑ったの?今」

 

おいしい、おいしいと、お菓子を頬張るつくしを見つめながら、
優紀は、高校時代につくしが西門達から、
「勤労処女」と言われていたのを思い出した。

 

血は争えないな。。。と、

 

同時に、この親子の幸せを心から願っていた。

広告を非表示にする