L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

花より男子二次小説。漫画の展開からのタラレバ話を世代を超えてつくってみました。自己満足レベルなので、あしからず。

⑧騒動

「佐伯くん、日曜日なのに手伝ってもらっちゃって悪いね~。」

 

「いえ、いつもお世話になってる田中さんのためなら、何でもやりますよっ!」

 

腕まくりするポーズをしながら、

爽やかな笑顔で稜が笑う。

 

来週の会議に備え、

休日出勤している田中に呼ばれ、
資料のコピーを手伝っていた。

 

 

「そうえいば、この間の騒ぎ知ってる!?」

 

 

「騒ぎって、何のことですか??」

 

「いやさ、ウチの社長と若い女の子が、フロアで抱きついてたって話だよ!」

 

 

「へえ~、そんなことがあったんですね」

 

稜は、あまり興味なさそうに返事をした。

 

 

「あれ?あんま興味ない感じ??
あれは、親子ぐらい歳離れてるんじゃないのかな~??びっくりするくらいの美人でさ、

どっかのモデルかな~??
うちの社長も、相当なイケメンなのにさ、

まだ独身なんだよね~。
あ、もしかして、、、、ロリコンっ!!?

かなぁ~。

え~でも、そうだったら、残念だなぁ。。」

 

 

「田中さん、いったい誰狙いなんですか~笑」

 

 

さあ、とっとと仕事進めますよ!と、

田中の背中を、ポンっと稜が叩いた。

 

 
花沢社長って、独身なんだ。

写真で見たことあるけど、男から見ても

相当キレイな顔してたな。。

 

 

そんな人だったら、恋人の一人ぐらいいても

おかしくないだろう。

広告を非表示にする