L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

花より男子二次小説。漫画の展開からのタラレバ話を世代を超えてつくってみました。自己満足レベルなので、あしからず。

⑨幼馴染

表参道のブランドショップで、

買い物をしている梓。

 

「ねぇ~、どうしよ~!!
こっちはカワイイし、

こっちも大人のオンナって感じだしい~」

 

 

「どっちも似合ってるってば~。
てか、悪いんだけどさ、

私、そろそろお稽古の時間だわ。」

 

「そうだよ~、買っちゃえ買っちゃえ!!
あ、七海~、

そろそろネイルの予約時間じゃない!?」

 

 

「マジ!?ヤバッ!カレとの約束までに、

間に合わないじゃん!!」

 

 

長時間の買い物に付き合わされている
西門家次女 西門麗香と、
美作家長女、美作七海と次女葵海(あおい)の双子姉妹。

 

アメリカから帰国してからできた、

唯一の友達。
英徳幼稚舎からの幼馴染。

 

 

「そうだ。パパから聞いたんだけど、

類さん、またお見合い断ったらしいよ~。

梓、知ってた??」

 

 

最後まで買い物に付き合うことになった、

葵海が言う。

 

 

「っえ!?お見合いっ!?」

 

 

「うん。類さんて、パパ達の仲間の中では、

唯一独身じゃん?
うちのパパとか、西門パパとかが、

いろいろ紹介してるらしいんだけど。

なかなか、上手くいかないみたいでさ~」

 

 

 

「へ、へぇ~」

 

動揺する梓。

 

 

フーンという感じで見つめ、

何かを確信したように葵海が続ける

 

「梓ってさ、昔から類さんのこと

お気に入りだったよね?」

 

 

「エッーーーーッ、そ、そ、そんな事ないよぉ~」

 

顔を真っ赤にし、

バシバシと手を振り回している。

 

 

「動揺してるし、わかりやすっ笑」

 

「ねえ、あの二人には言わないから、

ワタシだけに教えてよ。

類さんのこと、狙ってるんでしょ??
てか、梓、アンタわかりやすいんだもん。
今日選んだ服だって、類さんと会う時のでしょ??

だいぶ背伸びしたラインのもの選んでたし。

 でもさ~、類さん、パパ達と同じ

40代なんだよ?わかってる??」

 


「わかってるもん。。。」

 

 

泣きそうな顔をして、梓は小さく呟いた。

広告を非表示にする