L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

花より男子二次小説。漫画の展開からのタラレバ話を世代を超えてつくってみました。自己満足レベルなので、あしからず。

⑩初恋

アメリカから帰国して、1年。

 

日本に、ずっと住むということになったこと、

いつも一緒にいてくれた母親が、突然いなくなったこと。。

 

よくわからないうちに、周りの環境がどんどん変わっていった。

 

幼くて、記憶は曖昧だが、

何をしても、虚無感と寂しさだけが残り、

いつしか、屋敷から一歩も出れなくなっていた。

 

父親の幼馴染だという、あの人に初めて会ったのは、そんな頃だった。

 

 

 

「はじめまして、梓ちゃん」

 

その人は、私の目線位置までしゃがみ、

優しく、穏やかに微笑んだ。

 

「類。

今、梓のヤツ、ガキの頃のオマエみたいなんだよ。。」

 

「、、、ムリもないよ。大人だって耐えられない。」

 

 

「オレは、どうしたらいい??」

 

真剣な眼差しで、類に詰め寄る司。

 

 

「オレは、あの頃、司達や静がいたから救われたんだ。。

梓ちゃん自身が、心を許せる人を見つけられたらいいんじゃないかな、、、」

 

そう言うと、類は「はい、これプレゼント」と

梓に、一つのぬいぐるみを渡した。

 

 

それは、何だかとても愛おしい存在で、

一瞬にして、梓の気持ちを癒した。

 

 

「クマたん!クマたん!!」

 

すぐさま、ぬいぐるみをギュッと抱きしめる。

 

「なんだよっ。

オレが、いくら海外の土産で買ってきてやっても喜ばねぇのに。あっ、類!これって。。」

 

「笑。気付いた?昔、司と引っ張り合いになったテディベアだよ。覚えた?リペアしたから、綺麗になってるでしょ? この前、倉庫片付けてたら出てきてさ。、、、いろいろ思い出した。」

 

 

 

貰ったテディベアを抱いて、嬉しそうに飛び回る梓を見つめながら、切なそうな表情をしている類に、司も気付いていた。

 

 

 

次の日から、テディベアは、梓の親友になった。

 

なぜだろう?ぬいぐるみなんて、今までも、新しいもの、限定品ものを、数えきれないくらい、与えられた。

 

でも、これは違う。。。

 

昔、誰かのそばにいた。。

その子から、とても愛されていた。

ずっと、その子を見守っていた。

 

「大丈夫だよ」って

優しい声が聞こえた気がした。

 

あの人と同じような、柔らかくて穏やかな声に感じた。

 

f:id:ponypo1980:20170409012453j:image

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする