L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

花より男子二次小説。漫画の展開からのタラレバ話を世代を超えてつくってみました。自己満足レベルなので、あしからず。

⑪出会い

バイトの休憩時間に、本社ビルの屋上で

本を読むのが、稑の習慣だった。  

 

屋上といっても、特に何もなく、

社員は、下の専用サロンで休憩するので

誰もこないのが、お気に入りだった。

 

風が心地良くなってきたな、と感じ、そろそろ

バイトに戻ろうとした瞬間、

普段、自身以外に、開けることのないだろう

入り口のドアが、勢いよく、バンッ!と開き、1人の女性が駆け込んできた。

 

何もない屋上には、似合わない、大きく背中の空いたドレスに、10センチ以上であろう、ハイヒールを、慣れない感じで履いてた。

 

そこにいる稑に全く気付いてない様子で、

突然、ワンワンと、大声で泣き始めた。

 

掛ける言葉が見つからない陸は、暫くその場に立ち尽くしていた。

 

「どうしてっっ??どうしてっ!?

私じゃダメ??子供だから??親友の娘だから???」

 

顔は、涙とメイクが混ざってドロドロになっていた。

 

ヒック、ヒックと泣き続ける背中を見つめながら、バツが悪そうに、稑が話しかけた。

 

「。。。あの〜、その。。。大丈夫ですか??

あっ、別に聞くつもりは無かったんですが、聞こえてきて。。。」

 

その声で、ようやく自分以外にも人がいることに気付いた様子で、一瞬ハッとしていたが、

ハッキリとした口調で答えてきた。

 

「ちょっと!!アナタ誰??気軽に話しかけないでよねっ!!」

 

さっきまで、泣きじゃくっていたのが嘘のように、鋭い目でこちらを睨んだ。

 

なんなんだよっ!!コイツ。

しかも、こんな格好で。

心配して、話しかけたオレが、バカみたいじゃんかよ。

 

心の中で、 稑は叫んだ。

 

その場から、立ち去ろうとする稑に、

「待ちなさいよっ!!今、見た事、聞いた事

絶対誰にも言わないって誓える??」

 

はぁ??何なんだよ!この女!!

一体、何様なんだよ。

怒れる気持ちを押し殺し、

 

「ハイハイ、今見た事、聞ーたこと、誰にも

言いませんよ!お嬢さまっ!!」

皮肉交じりに、返した。

 

「そう!約束よっ!!この道明寺梓を裏切ったら、タダじゃおかないからっ!」

 

だから、何様なんだよっ!!

道明寺梓サマだぁ!?ふざけんなっ!

 

稑は、収まりきれない気持ちを、入り口のドアにぶつけ、仕事に戻った。

 

 

 

 

広告を非表示にする