L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

花より男子二次小説。漫画の展開からのタラレバ話を世代を超えてつくってみました。自己満足レベルなので、あしからず。

⑭失恋

誰もいない屋上に、一人ポツンと座っている梓。

 

さっきまで、誰かに怒鳴り散らしていた

気がしたけど。。。

あれは、誰だったの??

 

まぁ、どうでもいっか。。。そんな事。

きっと、どうでもいいこと。。

 

 

 

 私、、、

どうして、ここにいるんだっけ??

 

、、、、あぁ、そうだ。。。

 

 

昨日、

ルイ君に会う約束を、取り付けてもらったんだ。。。

 

で、

麗香にヘアメイクしてもらって。。。

 

それで、、、、そして、、、

 

 思い起こすたびに、涙が溢れてきた。

 

 

 

そっか。。。

 

私、フラレちゃったのか。

 

 

 

「君は、大切な親友の娘でしかないんだよ。」

 

いつもの、穏やかな優しい口調で。

 

 

ハッキリと言われちゃった。。。

 

 

それを告げた後の、ルイ君の顔。

 

なんで、あんな哀しそうな顔してたの??

 

心の奥で、誰かを思ってた?

 

誰かを、思い出してた??

 

 

f:id:ponypo1980:20170410010700j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする