L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

花より男子二次小説。漫画の展開からのタラレバ話を世代を超えてつくってみました。自己満足レベルなので、あしからず。

⑯憶測

「梓、元気出しなって!」

「オトコは、類さんだけじゃないって!!」

「私達、まだ10代なんだからね〜。

コワイものなしっ!!」

 

いつもの騒がしいメンバーが、励ましに来ていた。

 

 

「うん。。。」

 

 

 

「あんた、まさかオッケーしてもらえると思ってた??っんなワケないよね??」  

 

「そういえば、パパにチラっと聞いたことあるんだけど、梓パパと、類さんて、大昔、1人の女性(ひと)を取り合ったことあるらしいよぉ〜」

美作姉が、ペラペラと喋り出した。

 

「あ、その話、私もお父様が話しているのを、

聞いたことがあるわ。お酒の席で、冗談ぽく話していたけど。。。」

麗香も続けた。

 

「類さんが、独身な理由って、もしかしてその女性(ひと)が原因だったりして!?」

美作妹が、冗談まじりに言う。

 

「梓は、この話知らない??」

 

「。。。知らない。」

 

でも、あの時の、あれは、

その女性(ひと)を思い出してた??

 

知りたくないけど。。。

知りたい。

 

あの、哀しげな顔の理由を。

広告を非表示にする