L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

花より男子二次小説。漫画の展開からのタラレバ話を世代を超えてつくってみました。自己満足レベルなので、あしからず。

第4章①

17時になっていた。

 

稑は、何とかうまく誤魔化して、芙夏から解放されていた。

 

とりあえず、待ち合わせ場所に走った。

 

しかし、すでに梓の姿はなかった。

 

 

あぁ、やっぱり。。。

もう、会う事もできないんだろうか。。

 

 

その時、稑の背後から 

 梓がやって来た。

 

「あ〜怒やっとした〜、ちょっと、何時間またせるのよっ!」

 

待ちくたびれた顔で、梓が言う。

 

「えっ!?な、なんでいるの??」

 

「なんでって、待ち合わせしたじゃない。変なの笑」

 

「変なのって、自分が変でしょ。何時間待ってんだよ、フツーは帰るだろう??」

 

「だって、約束したから。」

 

そうか、、、。

 

約束したから、、

信じて待ってくれていたのか。。。

 

純粋な梓に、心が揺れた稑だった。

 

 

広告を非表示にする