L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

花より男子二次小説。漫画の展開からのタラレバ話を世代を超えてつくってみました。自己満足レベルなので、あしからず。

第5章①

1年後。

 

稑は、バイト時代の縁もあり、花沢物産に就職していた。

 

梓とは、あの後、連絡が取れなくなり、疎遠になっていた。

彼女の事情もあるのだろうと、稑は気にしないようにしていた。

 

梓の事もあったが、

実は、就職にするにあたり、母から初めて反対されていた。

 

普通に考えれば、倍率も高い商社に、半ばコネ入社で入れたのだ。

普通の親だったら、喜ぶはずなのに、、、。

 

なぜダメなのか?反対なのか?の理由は、ハッキリ答えず、ただ、商社なんて、あなたに向いてない。の一点張りだった。

 

安定した職について、今まで苦労してきた母親を楽にさせてあげようと思っていたのに、、、

 

就職が決まった時も、1番に喜んでくれるはずなのに、 

 

「そう、、、よかったわね。」  

 

と心無く、答えただけだった。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする