L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

花より男子二次小説。漫画の展開からのタラレバ話を世代を超えてつくってみました。自己満足レベルなので、あしからず。

第7章①

「ねっ。今度、私の誕生日会があるんだけど、来てくれる??」

 

 

 

「えっ、誕生日?いつ?」

 

 

「12月28日」

 

 

 

「12月28日??」

 

 

「そうだけど、、、??都合悪かった?」

 

 

 

「いや、、、実はうちの母親も同じ誕生日なんだ。」

 

 

 

「えっ!?そうなの〜??スゴい、偶然じゃない?」

 

 

 

「うん、ビックリした。」

 

 

 

 

「じゃあ、28日は無理かな、、、」

 

 

 

 

「いや、行くよ!母さんは、プレゼントだけ渡せば喜んでくれるだろうから。」

 

 

 

 

「じゃあ、楽しみにしてる。」

 

 

 

 

梓は嬉しそうに帰って行った。

 

 

 

 

 

 

 

「ただいま。」

 

 

 

 

 

「おかえりなさい。」 

 

 

 

 

 「ねぇ、母さんの誕生日って12月28日だったよね??」

 

 

 

 

「そうよ〜。何?プレゼントのリクエストでも聞きにきたの?笑」

 

 

 

 

「違うよ、そんなんじゃなくて。今、付き合ってる彼女も、同じ誕生日だったんだよ。」

 

 

 

 

「え?そうなの?偶然ね。

何かプレゼント考えてるの?」

 

 

 

 

 

「う〜ん、それなんだよね。。。

何がいいかなって思ってさ。彼女、欲しい物は何でも手に入っちゃうみたいだし。。

プレゼントとか貰い慣れてるだろうから。。」

 

 

 

 

「お嬢様みたいじゃない笑そうね〜

だったら、いつもご馳走は食べ慣れてるだろうから、うちの食事でよければ、一緒にお祝いなんてどうかしら??」

 

 

 

「えっ?うちで??」

 

 

 

 

「そう。お嬢様みたいな生活してたら、きっと庶民のご馳走とか知らないんじゃない?笑」

 

 

 

「そうか。。。聞いてみるよ。母さんと一緒の誕生日なんて、彼女も驚いてたし。」

 

 

 

「母さんも、会ってみたかったし、オッケーしてくれたら嬉しいわ。」

 

 

 

梓の誕生日の次の日に、稜の家に招待することにした。

 

 

 

 

広告を非表示にする