L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

花より男子二次小説。漫画の展開からのタラレバ話を世代を超えてつくってみました。自己満足レベルなので、あしからず。

つくしは一人悩んでいた。

 

どうして、こんな事になってしまったのか。。。

 

稜には、別れるように言ったが、納得するハズが無い、、、

自分でも、どうしていいのか、わからなかった。

 

 

 

そして、考えた末に、花沢類に連絡をしていた。

 

 

「花沢類?あの、、牧野です。

忙しいのにごめんなさい。。。

ちょっと相談したいことがあるんだけど、時間もらえますか??」

 

 

 

「牧野?相談?、、、あぁ、わかったよ。

じゃあ、14時に○△ホテルのカフェに来てくれない?」

 

 

 

時間より少し早くホテルに着いたつくし。

 

 

キョロキョロしながら、カフェを探していると後ろから、呼ぶ声がした。

 

「牧野!」

 

振り返ると、花沢類が手を振っていた。

 

 

つくしは、急いで類に駆け寄った。

 

 

 

 

 

その様子を、離れたところから、偶然司が見ていた。

ミーティングで、ホテルを訪れていた。

 

 

 

「類?」

 

 

 

こんなところで、女と会ってるのなんて、珍しいな。

ちょっと、冷やかしてやるか笑

 

 

 

司は、類達のあとから、カフェに入り、離れた席から様子を見ていた。

 

 

 

 

 

「話って?」

 

 

 

類が、切り出した。

 

 

 

「うん。。。稜の事なんだけど。」

 

 

 

 

「稜君がどうかした??仕事で何かあったとか?」

 

 

 

「ううん、仕事の事じゃないの。。」

 

 

 

 

「じゃあ、、、何?」

 

 

 

 

つくしの様子に、何か感づいたようだったが続けた。

 

 

 

「花沢類は、道明寺のお嬢さんのこと知ってる?」

 

 

 

 

「梓ちゃんの事?ああ、もちろん。司の娘だし、小さい頃から知ってるけど?」

 

「それが、どうかした??」

 

 

 

 

「、、、うん。どういう経緯かは、わからないんだけど、その梓さんと、稜がお付き合いしてるみたいなの。」

 

 

「、、、そう」

 

 

 

「ごめんなさいっ!こんな事、相談できる人いなくて。。。両方の事を知ってるのって、花沢類だけだと思って。。。」

 

 

 

「いや、いいよ。。。」

 

 

 

 

「私、どうしたら。。。稜には、お付き合いを辞めなさいと言ったけど。。

ねぇ、花沢類。私、どうしたらいいの??」

 

 

 

つくしは、その場で涙を流し始めた。

 

 

 

類は、とりあえず一旦落ち着こうよ、と

つくしの背中をさすりながら、店を出て行った。

 

 

 

 

2人の様子を見ていた司。

 

 

驚きを隠せず、立ち上がれないでいた。

 

 

 

類が会ってた女って、、、、

 

 

牧野か?

 

 

どうして??

 

 

 

会話は聞こえて来なかったが、親密そうに話をしていた。。。

類が背中に手を回していた様だった。。。

 

 

まさか、付き合っているのか??

 

そういえば、少し前に再会したと言っていた。。

 

昔、オレがNYに行って牧野が迎えに来た頃、類もアイツの事が好きだった、と言われた。

 

 

昔の気持ちを告白された牧野が、類を受け入れたのか??

 

 

司の心は、かき乱されていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする