L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

花より男子二次小説。漫画の展開からのタラレバ話を世代を超えてつくってみました。自己満足レベルなので、あしからず。

第6章①

稜は、新プロジェクトの会議に出席していた。

 

「今回、神崎HD側の責任者になります、神崎玲人です。よろしく。」

 

 

「マジか、、、責任者だってよ。大丈夫かよ、、経験ないのに。」

 

稜の先輩達が、またコソコソと話をしていた。

 

 

それを察してか

「皆さん、ご存知の通りドラ息子なので、

お手柔らかに。」

 

皮肉たっぷりに堂々と言ってのける玲人に、

稜は思わず笑ってしまった。

 

 

会議終了後、先輩達は、バツが悪そうにそそくさと部屋を後にしていった。

 

 

稜は、1人残り会議の内容をまとめていた。

 

 

「お疲れ様でした。」

 

玲人が声を掛けた。

 

「あっ、ハイ。お疲れ様でした」

 

「君も、新人君なの?」

 

「ハイ、今年入社したばかりで。。。」

 

「じゃあ、同じだね。オレも今年から、親父に会社には入れって言われてさ。」

 

「そうですか。」

 

「お互い頑張ろうよ、よろしく」

 

「あっ、ハイ。よろしくお願いします。」

 

 

部屋を出て行く玲人に一礼する稜。

 

 

妙に親近感が、湧いていた。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする