L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

花より男子二次小説。漫画の展開からのタラレバ話を世代を超えてつくってみました。自己満足レベルなので、あしからず。

⑫告白

梓は、買ったばかりの新しい洋服に着替え、

出掛ける準備をしていた。

 

「梓!今日、ヤバイね。いいよ、その感じ」

美作姉が、スマホを触りながら呟いた。

「マジ、エロい!!ノーサツ系」

美作妹も続く。

 

先日、美作妹に、自分の思いがバレてしまい、

あれよと言う間に、姉にも伝わり、

今日あの人と会う約束を、勝手にこじ付けられていたのだ。

 

わかってる、こんな小娘が、大人ぶって

大胆なドレスを着たって、

きっとあの人は、気にも止めてくれない。

あの人の中で、私はいつまでも、2歳のままなんだ。

 

でも、他の誰かになっちゃうなんて、絶対イヤっ!!許せないっ!

お見合いなんてさせないっ!!

 

 

「我ながら、完璧だわ。これで、落ちないオトコはいないわよ。」

梓にヘアメイクを施した西門麗香も、自信たっぷりに言い放った。

 

「麗香、マジサンキュ!やっぱり普段から、

着付けとかやってるだけあって、器用だね。」

 

自分では、なかなかこうはできないな、と思いながら、鏡に映った見慣れない自分に見惚れていた。

 

「梓のママって、ハーフだったんでしょ??

やっぱりさ、ザ、日本人の私達とは、もともとの素材が違うのよねぇ〜」

「そうよねぇ、梓パパも美形だし。

こんなキレイなコ、 ほっとかないって!!」

 

美作姉妹が、スマホでパシャパシャ梓を撮りながら、騒いでいた。

 

 

ルイ君。。。

どう思ってくれるかな??

広告を非表示にする